Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 鉄道

鉄道

1998高松琴平電気鉄道3

「電車の博物館」と言われた高松琴平電気鉄道であるが、殆ど台車を改軌、または台車の履き替えをしなければ入線出来なかった訳だが、京浜急行電鉄の車輛は同じ1435mmなので、そのまま入線出来てさぞ重宝だったに違いない。特に琴電 …

1998高松琴平電気鉄道2

当時の高松琴平電気鉄道は「電車の博物館」と言われる位に多彩な電車が走っていた。台車こそ広げられて前から見るとバランスを崩していたが、個性のある地方私鉄の電車達が頑張っていた 高松築港~片原町間をいく70形71。1950年 …

1998高松琴平電気鉄道1

高松琴平電気鉄道は、四国唯一の標準軌道(1435mm)の鉄道であり、琴平線、長尾線、志度線の三線を有し、地方都市の民営鉄道としては最多の保有車輛数を誇る。ただ、鉄道の中心である瓦町駅の再開発でそごうと提携した為、そごうが …

京阪石山坂本線600形

京都から京阪電気鉄道京津線で大津に入ると浜大津が終点となり、その先は取り換えが必要となる。浜大津から北は坂本駅(現:坂本比叡山口駅)まで。南は石山寺駅までを結んでいるのが京阪石山坂本線である 浜大津~三井寺間の軌間1,4 …

山手線

1970年代の大学はよく休講があった。御茶ノ水の雑踏の中にある大学は校舎を出れば道路で、映画に出て来るような素敵な大学構内の庭もなければベンチもない。休講の度に喫茶店に行ってては流石に金銭的に持たないし、何と言っても飽き …

特急全盛の頃

学生時代、東大宮操車場の弘済整備という会社で19時半から24時まで、列車のシートの向きを変えたり、シートのカバーを交換するアルバイトをしていた。1976年9月、バイトの最後に写真を撮らせて欲しいと頼むと、全ての列車が入庫 …

上毛電鉄 デハ101

2000年、明治大学鉄道研究会の35周年記念列車が上毛電鉄で走った。貸切運転の車輛はデハ101。上毛電鉄デハ100型のトップナンバーである 上毛電鉄大胡電車庫で待機中のデハ101。1928年製造なので、この時点で72歳で …

蒲原鉄道 1999

1999年4月29日。3月一杯で廃線予定だった蒲原鉄道が延命になったと聞き、早速出かけた 村松駅に停車中のモハ61。西武鉄道クハ1233よりの改造車で、3扉の17m車 同じく、村松駅に停車中の二つドアのモハ31 モハ31 …

小湊鉄道 2013

2013年7月、いすみ鉄道撮影の帰路、久しぶりに小湊鉄道に立ち寄った 7月中旬だが、流石に日差しは強く、日影を探しての撮影となった いすみ鉄道のキハ58が停車中の上総中野駅。小湊鉄道バスが出発する いすみ鉄道との接続駅、 …

1988 早朝の高崎線

1988年、自宅から近い高崎線宮原駅付近で、望遠レンズの試し撮りをした。当時は、客車寝台がまだまだ健在で、宮原駅では朝5時から6時にかけて「天の川」「能登」「出羽」「北陸」と次々に急行・特急が上って来ていた。試し撮りとは …

1 2 3 8 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.