指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線は、鹿児島中央駅から枕崎駅までの87.8kmを結んでいて、全線で36駅を有する

指宿枕崎線というと、殆どの写真に薩摩半島のシンボル、開聞岳(かいもんだけ)が顔を出す。薩摩半島の南端にあり標高924mの独立峰であるが、列記とした火山である 大山~西大山間 2021年(令和3年)9月

大山~西大山間は、その区間内の全てが農耕地である。この先の西大山駅は「日本最南端の駅」として知られ、観光客の姿が見られるが、駅の周囲に観光地は何もない キハ40 8064

 

 

線路脇は雑草が生い茂っていて車両の下回りが見えなくなり、両側にある農道からの撮影は出来ない。そのため、撮影は景勝地「長崎鼻」に向かう跨線橋の上からという事になってしまう キハ40 8050

ただ、この場所は午後になると完全に逆光となる キハ47 8057+キハ47 9075

跨線橋の反対側は順光ながら、雑草が更に深くなって林のようになり、上からの撮影もままならない。ローカル線の撮影は、雑草との戦いである