キハ40系天国の津山線の中でも野々口~牧山間の御津中牧(みつなかまき)地区にある築堤はお気に入り地点で、勝手に「中牧築堤」と名前を付けている。今日の午前中は、ここでズボラ撮影と決め込んだ 2021年(令和3年)9月

8時50分過ぎ、3933D「快速ことぶき」通過。この時間になると乗車人数が少なくなるのか、2輌編成

9時15分、946Dは、遂にキハ40の単行運転

福渡で折り返してきた岡山行き2925Dが、9時30分に通過。この後の949Dはキハ120の津山折り返しなので撮影をパスして朝食の調達

峠のトンネルから出てきた津山行きの3934D「快速ことぶき」。10時5分通過

10時40分、岡山行き3935D「快速ことぶき」はキハ40の2連で

10時50分、キハ47の2連で948Dが通過

11時25分の「快速ことぶき」は、撮影パス。11時40分、951Dは、再び一般気動車色のキハ40 2134が折り返してきた

 

7時から11時40分まで4時間40分で、15本の列車が通過し、2本のキハ120を除く13本が全てキハ40系という何とも夢の様な津山線であった