長崎市内から南に25kmほど車を走らせると、野母(のも)半島の突端、野母崎に着く

途中、海上には世界遺産にも指定された軍艦島と呼ばれる端島(はしま)炭鉱が見える

港の一番奥、左端に見えるのが今日の昼食をいただく「朝市食堂・HAGEMARU」

店内より港を見ながらの食事

「のも地魚の刺身」定食が何と800円(写真は半ライス)

季節限定の「菊田さんのかき蒸し」。牡蠣8個で1,200円

いや~満腹です。ご馳走様でした

「わたしもその中に入りたいニャー!」

食堂の近くでは、ネコ達が出迎えてくれる。これが、野母崎のおもてなし!