1970年3月、世の中が大阪万博で大騒ぎをしていた丁度その頃、筑豊へと向かった。午前10時の東京発西鹿児島行き急行「桜島・高千穂」に乗車。翌日の早朝、福岡県の折尾駅で下車して、早速、撮影開始。今では、考えられない強行軍の撮影であった

1970年3月の筑豊地域は、まだまだ蒸気機関車全盛だった。折尾~中間間の架線が全くない複々線区間をいく29661(若松機関区)

伊田駅構内の39682(行橋機関区)。門デフ付きで、ランボードから一直線にキャブ下が欠き取られている珍しい9600である

直方駅構内の39638(直方機関区)

同じく直方駅構内の59681(後藤寺機関区)ストレート煙突に交換されていて、趣が違う

伊田駅構内で後補機に就く、同じく59681(後藤寺機関区)。形式入りナンバープレートが立派

 


直方機関区で補給中の29695(直方機関区)。こちらもテンダーは形式入りナンバープレート