Blog

趣味の原点 1968 その2

「趣味の原点1968」で書いた地点(現在の土呂駅構内)から少し北に移動したこの跨線橋もよく通った EF57 14号機の牽引する402レ 急行「第2津軽」。荷物車の後方に1等座席車(現在のグリーン車)、1等寝台車と続き、そ …

オーストリアン・ナローの蒸気機関車 7「298.56」

オーストリアには狭軌鉄道の保存団体「Club760」がある。オーストリアン・ナローが軌間760mmであることからその名前が付けられている訳だが、クラブと言っても、ムールタル鉄道の廃線跡地を利用してタウラッハ鉄道という名前 …

趣味の原点 1968

鉄道の写真を撮り始めた原点は、やはり、この場所だろう。中学校に入学して間もなく、鉄道に興味を持ち、カメラを首から下げて学校に近い東北本線大宮~東大宮間に通い始めた。今でこそこの場所は東北本線(宇都宮線)土呂駅構内。まさに …

同居ねこ その2「まこ」

「のん」と「ひめ」の兄弟に「おぐ」がいた。尾の先だけが黒くて「おぐ」。「おぐ」は保護出来ずにいたが、やがて2014年5月に4匹の子供を出産して、ご多分に漏れず育児放棄。その中の2匹を保護して「まこ」「きらら」と名付けた。 …

オーストリアン・ナローの蒸気機関車 6「699.01」

オーストリアには狭軌鉄道の保存団体「Club760」がある。オーストリアン・ナローが軌間760mmであることからその名前が付けられている訳だが、クラブと言っても、ムールタル鉄道の廃線跡地を利用してタウラッハ鉄道という名前 …

加藤製作所6.5t貨車移動機その4

昭和30~40年代には、貨物を取り扱っている駅には必ず配置されていた貨車移動機。国鉄所有、日本通運所有、民間会社所有等、所属は色々でしたが駅の端に「ちんまり」と止まっていたのを思い出します 組立中の加藤製作所6.5tの貨 …

国鉄大宮工場の入替機 1968

1960年代、国鉄大宮工場では3輌のタンク機関車が入替用に働いていた。C11 322号機、C12 29号機、C12 85号機である C11 322は、戦時型の角ドームを装備していた そして、煙突の前に鐘が装備されていた。 …

京王帝都電鉄デハ2405

2004年8月、秋田に旅行の途中、山形で蕎麦屋に立ち寄った。羽前水沢駅から1km程の処にある「大松庵」である。と言っても、蕎麦を食べる事が目的ではなく、大松庵の駐車場に保存されているという旧京王帝都電鉄のデハ2400を見 …

スイス シンツナーッハ 農林学校

ドイツ国境に近いスイス・シンツナーッハに農林学校の実習農場がある。園内では日本から輸入した「鹿沼土」が積み上げられ、盆栽に針金を掛けている生徒もいる。近くには「Bonsaicenter」(盆栽センター)なる直売所があり、 …

大井川鉄道 国鉄1275

2月17日付ブログ「大井川鉄道 1976」で上の写真を「1921年のオーレンシュタイン・コッペル製で、1922年に一畑軽便鉄道が導入した機関車。一畑より七尾セメントに移動して七尾セメント1号機となり、その後廃車となってい …

« 1 6 7 8 17 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.