金木犀(きんもくせい)は、毎年10月上旬に橙色の花を咲かせ、甘い香りを漂わせる。だが、今年は9月15日位に芳香を放って「もう咲いたの!」と皆を驚かせていた

それが、4日ほど前からジョギング中に、ふと金木犀の香りが漂うようになった

もしかしてと思い、以前ブログでも書いた「金木犀公園」(正式名称は知らない)に行って見ると

9月に開花したより遥かに多くの花が咲いていて、甘い香りに満ち溢れて、今年は「二度咲き」となった

金木犀は中国原産で、江戸時代に日本に雄株が渡来したとされている。中国では「丹桂」または「桂花」と呼ばれているようだが、この植物は中国の「桂花茶」の重要な原料となる

学術的な事は分からないが、金木犀の香りを今暫く楽しみたいものだ