福島県から奥羽山脈を越えて鉄道で山形県に入るのに必ず越えなければならない峠、奥羽本線板谷峠。福島側から、赤岩駅・板谷駅・峠駅・大沢駅とスイッチバック駅が四駅も連なっていた為、昔から4110、EF16、EF64といった強力な補助機関車が活躍した線区でもある。1968年に交流化されてからは、EF71、ED78が投入され、さらに、1992年の山形新幹線開業に伴う標準軌への改軌によりスイッチバックは全て廃止された

板谷駅付近で6両編成の50系客車を牽くEF71 6号機

スノーシェルターの奥に見える板谷駅に停車するため、一度通り過ぎてスイッチバック線に入線するEF71 10号機。この後、バックで板谷駅に進入する

板谷駅でしばしの休息をした後、再び次の峠駅へと向かって出発

板谷駅スイッチバックから福島方面を見下ろす

峠駅付近で12系客車を牽引するEF71 15号機

ED78 2号機が50系普通列車を牽引して峠に到着 写真は全て1987年5月5日撮影