モントルー・オーバーラント・ベルノワ鉄道(MOB)
レマン湖の東岸のモントルーから山を越えてBLSに接続するツヴァイジンメンまでと、ツヴァイジンメンからレンクまで合計約75kmを走っているのが、モントルー・オーバーラント・ベルノワ鉄道(MOB)である。フランス語圏なのでシュマン・ド・フェール・モントルー・オーベルラン・ベルノワとなるのか。ゴールデンパスと言われる路線の一部を構成している

単機回送中のGDe4/4 6001号機(機体名ブベー)は、グシュタード駅で対向列車待ち。GDe4/4はパノラミック急行牽引の為、1983年に4輌が作られた機関車。GDeのDは「荷物室付き」という意味で、中央ドアが荷物室となっている  2000年6月

電車の様に見えるが、中間に電気機関車GDe4/4 6004号機(機体名インターラーケン)を挟み込んだ編成のクリスタル・パノラミック急行 1998年11月

終点レンクに留置中のクリスタル・パノラミック急行 1998年11月

GDe4/4を中間に挟んでオメガ・ループを下るクリスタル・パノラミック急行。この後にひかえるオメガ・ループを下り終えると、下に見えるツヴァイジンメンの駅に到着する 2000年6月

普通列車を牽引するクリスタル・パノラミック塗装のGDe4/4 6003号機(機体名ザーネン) 2000年6月

ツヴァイジンメンを発車したスーパー・パノラミック急行。しかし、クリスタル・パノラミックに比べると何とも中途半端なデザインだ 2000年6月