第2次世界大戦時、スイスは「永世中立」のバランスをとる為なのか、連合国側、枢軸国側双方から大量の航空機を購入し防空に使用していた

枢軸国側ナチス・ドイツの主力航空機メーカー「メッサーシュミット」社から購入した戦闘機メッサーシュミットBf109E-3。Bf109は、AからKまで多くの派生型が生産された

「永世中立」を「戦争をしない事」と勘違いしている人がいるが、どちらにも組しないという事であり、スイスの場合は連合国側、枢軸国側どちらにも組しないということである。その為、両陣営からの領空侵犯機に対してはスクランブルをかけて撃墜も視野に厳正に対処した

「Zモデル」製作でスケールは1/48