Blog

美作千代駅

岡山県津山に近い姫新(きしん)線の美作千代(みまさかせんだい)駅も、中々趣きのある駅だ 美作千代駅の駅舎は1923年(大正12年)の建設で、97歳 2020年(令和2年)11月 板壁が美しい。京町家改修用語集を見ると、押 …

メルセデス・ベンツ170V

ダイムラー・ベンツ社が1936年(昭和11年)から1955年(昭和30年)まで販売した「メルセデス・ベンツ170V」である。当然の事ながらセダンが一般的なのだが、個人的にはセダンよりこのワゴンタイプの方が好きである 模型 …

1969夏の小海線2

小海線は、1969年(昭和44年)には貨物列車を除いて既にディーゼル車となっていたが、行楽時期のみ季節列車として新宿から小淵沢を経由して野辺山まで「八ヶ岳高原」という名前で客車列車が運転され、小淵沢~野辺山間はC56がそ …

90年代のスイス・メーターゲージ30(SBB Brünig)

ブリューニッヒ線の一番人気だった機関車は、やはりこのDeh4/6。とは言え前回も書いたが、形式的にはあくまでも電動荷物車で、片側2枚の荷物室ドアがあるギスヴィルの機関庫に停車中のDeh。塗装変更で緑から赤色塗装になり、機 …

空母ラングレー その後

1911年(明治44年)に建造されたアメリカ海軍の給炭艦「ジュピター」は、1920年(大正9年)に改造を受けアメリカ海軍初の航空母艦「ラングレー」として再就役した ここまでは「空母ラングレー」で書いた。今回は「その後」で …

車庫始末談2

「車庫始末談1」に掲載した下の写真を撮影したのが10月21日 下の写真は、3週間以上経過した11月15日に撮影したもので、間違い探しクイズではないが、どこが変わったのか?「車のわだちが出来た!」いやいやそうではなく、変わ …

八雲工芸製 流電4連

八雲工芸から1/87スケール「流電4連」の完成品が発売されてから、かなりの年月が過ぎた。スタイルは上々だったのだが、走りがイマイチなのと、接着で付けられているカプラー台座に何とNスケールのカプラーが付いているのには驚かさ …

北海道のDL写真

1971年(昭和46年)の夏になると、釧路機関区でも蒸気機関車は少数派になり、C58を待っているとDE10に運用が変わっている事が多くなった。当時は、今のようなネット情報がなく、数か月前に発売された雑誌のみの情報での撮影 …

90年代のスイス・メーターゲージ29(SBB Brünig)

久しぶりにスイス・メーターゲージの車輌達です。表題に鉄道名を入れて欲しいというご要望がありましたので、過去のブログの表題も変更し更新しました 先ずはSBBのブリューニッヒ線。当時のブリューニッヒ線は、まだ民営化されず、ス …

川越のさつまいも

埼玉県川越市はさつまいもで有名である。その川越市の隣町「三芳町」に、「富(とめ)の川越いも」という登録商標でさつまいもを生産販売している地域があるこのけやき並木の両側にサツマイモ農家が29件立ち並び、別名「いも街道」と呼 …

1 2 3 43 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP