Blog

DE10後期型の組み立て終了

DE10後期型は、組み立て後の白色塗装を終了した状態まで進みました 後期型の屋根上は扇風機カバーが目立ちます。面倒な側面窓の雨樋形状がよく分かります 後期型は、ラジエターカバーが3分割となり、カバー上部が高くなったために …

磐越西線1987

1987年(昭和62年)5月、奥羽本線の板谷峠を撮影した翌日、磐越西線を訪問した ED77が重連で貨物列車を牽引していた 磐越西線磐梯町~更科信号場間 1987年(昭和62年)5月 住友セメントのタキを使用したセメント列 …

頚城鉄道線2号機

2004年(平成16年)、ナローゲージ・ファンにビック・ニュースが舞い込んだ。神戸在住の実業家の方が亡くなられ、その方が所有していたトンネルの中から頚城鉄道の車両が出てきたというのである。それも、トンネルの一番手前に置い …

さくら模型DE10

DE10(前期型)は、第1陣として564号機が完成しました ご案内及び発送は5月中旬を予定いたしております。尚、564号機の後は、1号機より順次完成いたします 前期型の最終は、JRF塗装の1120号機(仙台貨物)となりま …

頚城鉄道線

モデルス・イモンより「頚城(くびき)鉄道2号コッペル」のキットがリリースされた。以前から発売されていた製品のリニューアルであるが、新たに、モーターにフライホイールを取り付け、ボイラーには高価なタングステンのウェイトを搭載 …

DL重連

2012年10月、上越線高崎~水上間往復で「快速 DL重連レトロみなかみ」という、ただ説明を羅列しただけのネーミングをした列車が走ると聞いた。DD51の重連となるとあの八高線以来かと思いつつ、偶々、長野方面に出かけていた …

旅で出会ったバス5

富山県の氷見線伏木駅近くにある伏木ヤードで、レストアの終了したケキ102を見学する機会をいただいた。国道8号線高岡バイパスを車で走っていて、まもなく伏木という時に、ボンネットバスが展示してあるのが目に入った 富山は中古バ …

烏山線のキハ40

烏山線は東北本線の宝積寺と烏山を結ぶ非電化の単線であるが、列車の殆どは宝積寺から東北本線を延伸し宇都宮まで走っていて、実質的に車両は宇都宮~烏山間を運行している。この烏山線で、1979年(昭和54年)から2017年(平成 …

仙台の横丁

仙台を訪れたことがある方なら、その道路の広さと街路樹の多さ、そして立派なアーケード街が記憶にあるだろう。駅から伸びたアーケード街は仙台のランドマーク、藤崎デパートまで続き、右に折れると遥か先の定禅寺通りまで延びている。立 …

コキ107の積載コンテナ

コキ107、Bセット(19D+20D)の積載コンテナについて コキ107製作に際しては、3種類のJRFコンテナを製作いたします ①19D 既に製作したコキ106に積載されていた一般的なデザイン(上の写真中央) ②19D  …

« 1 2 3 34 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.