Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 鉄道

鉄道

保存SL:C58 5号機

栃木県壬生(みぶ)町、北関東自動車道の壬生パーキングエリアの北側に広がる壬生町総合公園にC58 5号機は、保存されている。パーキングエリアに車を止めると、C58が視界に入る位の近さで、車をパーキングエリアに止めたまま徒歩 …

2006年 大宮総合車両センター

2007年に鉄道博物館がオープンする前年の2006年5月。大雨の中、毎年恒例の、大宮総合車両センター主催「おおみや鉄道ふれあいフェア」が開催された ED17 1号機、ED16 10号機、EF80 36号機と、国鉄時代の名 …

加悦鉄道DB201

京都府与謝郡野田川町(現在は与謝野町)に加悦鉄道はあった。「かや」と読む。京都府と言っても日本海側の天橋立に近く、京都駅から100km以上離れていて、レンタカーでも2時間は必要な距離だ。1985年(昭和60年)に国鉄宮津 …

花巻の馬面電車

花巻電鉄は、東北本線花巻駅から花巻温泉までの鉄道線と大沢温泉、鉛温泉などに向かう軌道線の2系統があり、軌間はいずれも762mmであった。また、軌道線は中央花巻にて岩手軽便鉄道と接続していた 花巻の材木町公園にあるクラシッ …

十和田観光電鉄線の凸型電気機関車

十和田観光電鉄線は、東北本線(現在の青い森鉄道)の三沢駅から十和田市までの14.7kmを結んでいた。十和田市とは言うものの観光地「十和田湖」とはかなり離れていて、観光客の乗車は余り期待できず、乗客の減少が続いていたところ …

東武鉄道 キハ2000

1983年(昭和58年)まで、高崎線の熊谷駅から妻沼(めぬま)町まで東武鉄道熊谷線という非電化路線があり、東武鉄道が自社発注した3両のキハ2000(2001~2003)が走っていた。廃線後、その中のキハ2002が、妻沼町 …

蒲原鉄道の保存車両5

新潟県の代表的なローカル私鉄として存在した新潟交通と蒲原鉄道。方や、新潟鉄道の車両が殆ど解体されてまったのに対し、方や、蒲原鉄道の車両は殆どが保存されているという、その鉄道や車両に対する地域の方々の愛着は両極端である 蒲 …

仁別(にべつ)森林鉄道

秋田駅の東側は、山が近くまで迫り、1968年(昭和43年)までは、駅前にまで森林鉄道が乗り入れていて、秋田駅東口は貯木場となっていた。その貯木場から仁別方面に伸びる森林鉄道本線を中心とする鉄道が仁別森林鉄道である。現在、 …

真室川森林鉄道の「カトウ」

山形県の北部、真室川町に町営「まむろ川温泉 梅里苑」という温泉施設がある。そして、その裏手にある森の中を約1kmにわたる線路を使って「真室川森林鉄道」は走っている  牽引機関車は、加藤製作所の4.8tで、「KATO」では …

蒲原鉄道の保存車両4

新潟県の代表的なローカル私鉄として存在した新潟交通と蒲原鉄道。方や、新潟鉄道の車両が殆ど解体されてまったのに対し、方や、蒲原鉄道の車両は殆どが保存されているという、その鉄道や車両に対する地域の方々の愛着は両極端である E …

« 1 2 3 4 13 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.