Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 鉄道

鉄道

小樽市総合博物館1

北海道における鉄道発祥の地と言えば、小樽の手宮である。小樽港に近い手宮には機関庫が造られ、手宮を起点として幌内鉄道が1880年(明治13年)に札幌まで開通し、後に「国鉄7100形」と呼ばれることになるアメリカ・ポーター社 …

神居古潭駅

石狩川が旭川の盆地から石狩平野に流れ出す地点は、山が迫り川幅が急激に狭くなる。急流を神と見たのか、奇岩を神と見立てたのか、この地域はアイヌの民から「カムイコタン」(神の住む場所)と呼ばれたていて、函館本線が開通した190 …

根室本線のDF200 その2

根室本線の帯広~釧路(新富士)間では、1日2往復、DF200牽引の貨物列車が走る 上りの特急通過待ちの後、東庶路(しょろ)信号場を終点・新富士に向けて出発する2091列車 DF200-111  2020年(令和2年)6月 …

道の駅 あびら

石勝線が十勝から日高山脈を越えてきて室蘭本線と合流する地点に、追分駅を中心にした安平(あびら)町はある 2019年(平成31年)、その安平町に開設されたのが、「道の駅あびら D51ステーション」。室外にキハ183系と貨車 …

五能線

五能線は、秋田県の東能代と青森県の弘前を結ぶ全線170kmにも及ぶローカル線で、全ての普通列車をキハ40系が担っている。170kmの中でも120kmは、日本海に面した海岸線を進む あきた白神~岩舘間の第二小入川(こいりか …

根室本線のDF200

根室本線は、貨物扱いの東端が釧路の一つ手前の新富士駅に隣接する釧路貨物駅となり、コンテナ貨物も同駅折り返しとなっていて、寂しい限りであるが、その釧路から50km程手前に、2019年(平成31年)まで尺別(しゃくべつ)とい …

大井川鉄道井川線2

大井川鉄道井川(いかわ)線は、大井川鉄道本線の終点・千頭駅より井川駅までを結ぶ総延長25kmにおよぶ鉄道で、ダム建設という電力開発の為に設置されたトロッコ列車の様な鉄道である。1990年(平成2年)には、長島ダム建設によ …

津軽線のキハ48

津軽線は、青函トンネルをJR貨物の電気機関車が走行する為、青森~蟹田(かにた)間が電化され、何と電車が走るようになり、運用の都合上、通しで青森まで走る一部の列車を除いて、キハ40系の活動範囲が蟹田と終点・三厩(みんまや) …

大井川鉄道井川線1

大井川鉄道井川(いかわ)線は、大井川鉄道本線の終点・千頭駅より井川駅までを結ぶ総延長25kmにおよぶ鉄道で、ダム建設という電力開発の為に設置されたトロッコ列車の様な鉄道である。1990年(平成2年)には、長島ダム建設によ …

長岡車両センター2

2019年(平成31年)1月、新潟での新年会の帰路、JR東日本の長岡車両センターを見学する機会を得た。この年の冬は雪が殆どなく、この日も3月の様な陽気であった。長岡車両センターには4両のEF81が配置されているが、かつて …

« 1 2 3 20 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.