Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 鉄道

鉄道

キハ66・67ついに終焉

2020年(令和2年)1月、「JR九州はキハ66・67を全車置き換える事を発表」とマスコミが報じた。3月14日のダイヤ改正から新型ハイブリッド車輌YC1系を4編成投入し、その後、順次置き換えていくようである。ロケーション …

茨城交通2

茨城交通は、常磐線の勝田駅と阿字ヶ浦駅間14.3kmを結ぶ非電化私鉄。2008年(平成20年)には、「ひたちなか海浜鉄道」に業務を移管した キハ11形(112)+キハ20形(205)が金上~中根間を行く 2003年1月 …

相模鉄道ED11

1998年(平成10年)まで貨物輸送をしていた相模鉄道には、電気機関車が在籍していた。ED11からED14(形式ED10)の4輌で、基本的なスタイルは同じであったが、床下機器、窓等に違いがあった 1951年(昭和26年) …

磐越西線1999

新津では、1997年、磐越西線に蒸気機関車を復活運転させようという機運が高まり、当時、新津市内の小学校に保存してあったC57 180号機に白羽の矢が立った。C57 180号機は新製配置時から廃車時までの全期間を新潟県内の …

上田丸子電鉄モハ5253

2004年(平成16年)、上田交通の終点駅・別所温泉にモハ5251・5252(形式モハ5250形)を訪ねた。5251と5252は、廃車となった1986年(昭和61年)以来、駅の留置線に置かれたままであったので、さぞかし傷 …

国鉄EF55

2005年5月、武蔵工業大学鉄道研究会主催の団臨が上野~横川間往復で運転される事になり、便乗させていただいた。客車は「サロンエクスプレス東京」、往路の機関車はEF55 1号機、復路はEF65 1102号機が前になるという …

津軽鉄道DD352

津軽鉄道といえば、ストーブ列車を牽引するこのDD35。35tのロッド式機関車である DD35の2号機は、エキゾーストパイプがキャブ中央を立ち上がっていて、煙突にタイホーンが付いている。五所川原機関区にて 2007年5月 …

上田丸子電鉄ED25 1

宇部電気鉄道が1937年(昭和12年)に新製したデキ11は、国有化された際に国鉄ED25 1と改番され、1950年(昭和25年)まで宇部線で使用された。宇部線が1500V昇圧のため使用出来なくなり、まだ600Vであった富 …

岳南鉄道ED40

1965年(昭和40年)、日本車両は松本電気鉄道向けにD型の40t機関車ED40 2号機を新製し、続いて翌年には、ED40 3号機を製造し納入している。当時の松本電気鉄道にはED30 1号機が在籍し、下一桁を通し番号とし …

津軽鉄道キ101

津軽鉄道のラッセル車キ101(形式キ100)の内部を見せていただいた キ101は、国鉄のキ120を1967年(昭和42年)に譲り受けたもので、一時、休車状態であったが、現役に復帰した2007年(平成19年)5月 津軽鉄道 …

« 1 2 3 16 »
PAGETOP
Copyright © アートプロ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.